おすすめ
【リラク体験】健全店らしからぬ刺激に癒やされる 〜 アロマ120分 [ラキュア] 渋谷

ラキュア 3回目

癒され度 ☆☆☆

数日前から腰が張って痛かった。ほぐし中心のマッサージ店に行くかアロマ系のサロンにするか悩んだが、ほぐしだけでなくアロマで癒されたい気分だった。そこで久しぶりにアンジェリSPAを予約この時期リニューアルのため一時閉店中で残念。それなら過去二度利用してハズレがなかったラキュアに決定。

当日予約のため前回と同じセラピストさんにはならなかったが、とても楽しい施術だった。腰もだいぶ楽になり、リラク系では経験したことのない刺激も今回は味わえた。

癒しのコスパ 60分=7,500円

これだけの満足度なら非常に良いコスパだと思う。

コース

オプション一つを選べる以下のコースを予約。

【再来】アロマ120!選べるオプション1コ込!疲れ知らず人気No1! 15,000円

公式サイトではセラピストさんを指名できるので、前回と同じKさんなら間違いないと思ったのだが、公式サイトではなんと当日予約は不可。しかたないので、指名はできないけどホットペッパービューティーから予約。

https://beauty.hotpepper.jp/CSP/kr/reserve/?storeId=H000372571

ラキュアの癒し体験

セラピストさんと対面〜施術開始

担当となったのはKさん(前回担当とは別人)という細身で可愛らしいまずまずの美人さんである。

オプションが一つ選べる。「ドライヘッドマッサージ」「首・肩コリ」「腸セラピー・ヒップ」「脚リンパ」「レッグストレッチ」が選択肢。腰に効くのはどれがいいかとKさんに尋ねたところ、オプションは「腸セラピー・ヒップ」をおすすめされたのでそれに決定。

ややゆったりめの紙パンツに着替え、施術開始。

からだの癒し

まずは背面から。マットレスタイプではなくベッド型の施術台なのだが、Kさんは大胆にも台の上に乗り背中にまたがる。かといってメンズエステとは違い、お尻は宙に浮かせたままなので密着はない。

背中のほぐしから始まるが、指先の使い方がなかなかそそる。ねっとりとした触れ方というか。

背中のほぐしのあと、足にオイルを大胆にかけ流し始める。メンズエステでもないのにこれほどオイルを使うのはめずらしい。少し興奮してくる。

膝上から足の付根にかけて流しているうちに、二度ほど勢い余って指先がフクロにあたった。もちろんこれは事故。

次に右尻の紙パンツを大胆にたくし上げる。「腸セラピー・ヒップ」のオプションのためだろう、ヒップを激しくほぐし始める。ここでも事故が起こるかと期待したが、それはなし。

しかし、オイルのヌルヌル感とKさんの指使いのせいで、この時点でうつ伏せのままムスコは半立ちになる。

そして横向きの施術に。ムスコが固めになってることを諭されないようにゆっくりと横向きになる。横向きでも紙パンツのヒップ部分を大胆にたくし上げ、激しくほぐす。

ほぐしが強めだったため、このあたりでムスコは一旦沈静化。

仰向けでの施術は、Kさんが頭上に位置し、デコルテから腹付近までを流す。メンズエステならこのときに胸があたるシチュエーションだが、巧みに体を左右に動かしその手の事故は起こらない。

仰向けの施術は足へと進み、右足を曲げて下さいと言われる。仰向けのカエル足状態。メンズエステとちがいソケイブするのではなく、股関節のストレッチと足の付根のほぐしである。

しかしこの足の付根のほぐしは危険だった。ついに仰向けの状態でムスコ半立ち。

その状態で腸セラピーにすすむ。腸セラピーが危険なのは実はアンジェリSPAで経験済みで、下腹部を近くを激しく圧迫されるので半立ちになったことがある。しかし今回の腸セラピーは一味違う。

ラキュアでは、基本的にタオルを胸、腹、腰、太もも、膝から下、に分けてかぶせておき、施術する部位だけのタオルをずらして施術をするというスタイル。腸セラピーのときは、腹部のタオルをずらすのだが、股間部分にタオルが乗ったままの状態になる。腹部を揉み込むと、周囲のタオルも引っ張られて前後左右に動くのだが、これは股間をわりと直接的に刺激する。こすられるのだ。結果、半立ちを越えてさらに固くなる結果に。

メンズエステ以外でこうなったのは、初めての体験である。

こころの癒し

いつもなら寝落ちしてしまうところだが、今回はいろいろ刺激が強かったので眠る暇なし。非常に楽しい施術だった。

渋谷のマッサージサロン アロマエステ ラキュア 渋谷

ラキュアへの行き方

今回はJR渋谷駅東口から。どの出口から行くかにもよるが、まず5分ほどみておけば大丈夫。渋谷グランドハイツというマンションの入口で電話をし、解錠してもらう。

ラキュアの雰囲気

この日は、3つある施術室が全部埋まっていたせいか、話し声が少し聞こえたが気になるほどではない。

公式サイト

http://www.massage-aroma.com

※2019年10月利用

おすすめの記事